空から降りてくるものたち

空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

合唱曲 小学校・中学校でおすすめの厳選5曲 ~山崎朋子編~

 今回はいつもと趣向を変えて、おすすめの合唱曲をご紹介したいと思います。私、実は小学校、中学校と合唱部に所属しておりました。小学校は部活というよりは朝の活動でしたけどね。中学校では本格的に合唱をしておりました。コンクールとかにも出させていただいたこともありました。楽譜がしっかり読めるようになって、その後のバンド活動につながっていったのもその時の経験からかなと思います。

 中学校や高校で合唱コンクールなどが行われるときには、希望の曲をみんなで持ち寄ったりすることもありますよね。そんな時の参考にしていただければと思います。それでは、さっそくご紹介したいと思います。合唱曲ということで、試聴用の音源が残念ながら見当たらなかったものあります。ご了承ください。

 

おすすめ合唱曲 山崎朋子さんの歌

 小学校・中学校時代に合唱でよく歌った曲のうち、山崎朋子さんという作曲家の曲がとても好きでした。山崎朋子さんは中学校の先生をしている方で、山崎さんの書く曲は、しっとりとした曲が多く、素直に自分の気持ちを乗せて歌うことができた記憶があります。そんなわけで、今日は山崎朋子さんの合唱曲をご紹介させていただきます。

 

『あなたに会えて』

 出だしが2部合唱のアカペラで始まります。アカペラ部分はちょっと難しいですが、中盤に同じパートが出てくるので、先にアカペラ部分を除いて、全体を練習して伴奏がある部分を通して歌えるようになってから、アカペラ部分の音取りを調整するとよいでしょう。このアカペラ部分、音程が決まるとかなりかっこいいです。

 山崎さんの曲はピアノ伴奏がいい意味であまり難しくありません。自分たちで伴奏できるので、中学校の合唱コンクールなどに向いているかと思います。3部合唱版もありますので、中学生の方は3部合唱で挑戦してほしいなと思います。

 歌詞の内容は、自分が生まれてきたこと、友達や家族に出会えたことの感謝の気持ち、一生懸命に今を生きていくことをストレートに表現した内容になっています。ハモリの部分もあまり難しくないので、音程をしっかりとって、強弱に気を付けて歌うことができれば、きっと感動してもらえると思います。

 個人的に山崎朋子さんの曲がすごく好きなので、この曲を気にっていただけるなら、是非、他の曲にも挑戦していただきたいなと思います。残念ながら音源がありませんが、一番お勧めしたい曲です。アカペラ部分はきまると痺れますよ。 

 

『大切なもの』

 中学校の卒業式の時の歌がこの曲だったことを覚えています。山崎朋子さんの曲の中で、一番有名な曲かと思います。

  歌詞の内容は、「大切なもの」が何か分からなかった主人公が、何気ない日常を大切な人たちと過ごしていくことで、「大切なもの」は身近なところにあるところに気付いていくような内容になっています。ストレートな歌詞に共感しやすく感情を込めやすいと思います。

  主旋律と副旋律の掛け合いは無く、スタンダードなハモリになっていると思います。最後の部分に、曲の題名にもなっているキーワード「大切なものを」という言葉が出てきます。ここのハモリの音程をしっかりととって、感動的に締めくくれるようにしたいですね。

 

大切なもの

大切なもの

  • 八千代少年少女合唱団 指揮:長岡利香子 ピアノ:鈴木綾子
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥250

 

大切なもの(カラピアノ)

大切なもの(カラピアノ)

  • 鈴木綾子
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥250

 

『希望という名の花を』

 この曲も卒業式にぴったりの曲ですが、自分が歌ったときは卒業式ではありませんでした。確か音楽会か何かの時だったと思います。山崎朋子さんの曲のピアノの伴奏は、どの曲も基本的には4分音符打ちなので、難易度もそれほど高くありません。

 Aメロに掛け合い部分が入ります。サビ前に主旋律と副旋律でしっかりハモる部分があります。Aメロの掛け合いで助走をつけて、サビ前のハモりで盛り上げていき、サビで一気に気持ちを開放しましょう。サビの部分は高音部は伸びやかに、低音部が支えとなるようなイメージで歌うといいと思います。

 エンディングの部分でハミングになってハモる部分があります。そこが見せ場になるでしょう。

 歌詞の内容は、夢を追いかけていくことに対する恐怖に素直に向き合って行くものになっています。夢を追いかけるのって勇気がいりますよね。そんな気持ちに対して、そっと背中を押してくれる内容をストレートに表現しています。多感な時期にぴったりの歌詞なのではないでしょうか。

 

 

希望という名の花を [混三]

希望という名の花を [混三]

 

希望という名の花を <カラピアノ>

希望という名の花を <カラピアノ>

  • 持田みどり
  • J-Pop
  • ¥150

 

『絆』

 高音を響かせた繊細なピアノの前奏で始まります。このピアノ前奏をまずは感動的に聴かせたいですね。決してタッチが強くなり過ぎないように気を付けて欲しいと思います。 

 Bメロ部分のハモリが非常にポイントだと思います。ここをしっかりとハモれると非常に感動的にサビにつなげることができます。低音部と高音部の音が離れているので、低音部が高音部を支えるつもりで、前に出過ぎないように、でもしっかりとした音程でハモれるとベストかと思います。

 歌詞の内容は、新しい仲間と出会った春という季節を思い出すところから始まります。どの春に出会った仲間との絆をいつまでも大切にしたいというような内容になっています。仲間を思う気持ちがストレートに表現されていて、素直に気持ちを込めて歌える曲かと思います。

 

『明日の空へ』

 卒業式にぴったりの歌かもしれません。仲間と一緒に過ごした日々をいつまでも忘れずに、大空へ飛び立っていくという歌詞の内容になっています。「飛び立っていくけれども一人じゃないんだ」という気持ちを盛り上げてくれる歌詞になっています。こちらもストーレートな表現なので、素直に気持ちを乗せられるかと思います。

 高音を響かせた前奏から、音量を押さえて優しく入りたいAメロになっています。Bメロは斉唱部分とハモリの部分を上手に使い分けるような感じになっています。聴かせたい歌詞がハモる部分になっていますので、そこの音取りをしっかり練習し、クレッシェンドを効かせて感動的にサビへつなげて盛り上げましょう。

  最後にAメロがもう一度出てきます。ここでは最初と違い、高音がハモりを担当し、低音が主旋律を担当するところがあります。この部分でいつも私、鳥肌立っちゃいますので、高音を裏声できれいに発声して、でも音量は控えめにきれいにまとめたい部分です。エンディングはハミングになっています。ここの音の残響感も大切にしたいです。

 

 

明日の空へ (混2)

明日の空へ (混2)

 

明日の空へ (カラピアノ)

明日の空へ (カラピアノ)

  • 奥田和
  • J-Pop
  • ¥150

 

 

 合唱曲をお探しでしたら、こちらの記事もよかったらどうぞ。

annotannka.hatenablog.com

 

 

 なんだか記事を書いていたら、歌いたくなってきてしまいましたがいかがでしたでしょうか。私が中学生の頃には、山崎朋子さんの楽譜やCDはほとんど出回っていませんでしたが、今では簡単に手に入れることができるようです。よかったら参考にしてみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

山崎朋子 Original Songs 同声編

山崎朋子 Original Songs 同声編

 

 

山崎朋子Original Songs同声編 (<CD>)

山崎朋子Original Songs同声編 ()